*葛生の民話*

江戸の大火の折、どことなく現れた天狗のような姿・・・火を鎮めるとどことなく消えて・・・

いざ、鎌倉」の言葉はこの物語から。常世が生まれた時からの逸話が伝えられている当地の話を・・・

なんと足の速い男がいたものか。江戸までの距離をたった一日で往復するなんて・・・


夜になると何処となく現れるおばあさん。いったいどこからやって来るのか・・・

「会いたい、会いたい!我が子に会いたい」常盤御前の歩んだ道。この地に残る言い伝えは・・・

 

 

不仲な親同士の子ども達。互いに恋い焦がれた結末は・・・。悲しい結末を迎えるのか・・・

弘法大師が旅の途中に掘った地蔵尊。火災の際にはこの地蔵尊のところで・・・

 

 

昔は、年老いた爺さん、婆さんは、口減らしのため、山深く置き去りに・・・

 

 

この地に住み着いた3兄弟。地域に尽くしたことに、住民は感謝し地蔵を建立。

間違えてやってきたお嫁さん。真っ正直な馬方の取った行動の結末は・・・

小坊主が火付け犯人とは。処刑になる坊様のその後は・・・

冬の山道。旅の親子は疲れ果て、とうとうこの地で・・・。村人が弔った墓の傍に伸びた松の木の姿が・・・

牧村の地を訪れたお坊様。滝の水に感謝し、この地に祠を立てお守りを!お堂を守る村人たち。

怖い怖いオオカミも、このように接した結果は・・・

 

 

 

この地に住み着き、日々三味線を引く娘は・・・

松堂の本名、吉澤兵左衛門。田中正造も師と仰いだ。

絵画にすぐれ、多くの作品を残している。

こんな親孝行の嫁はめったにいない。

親孝行のお手本としてお褒めのご褒美が・・・

石灰産業の始まりは、こんな出来事からなのかも知れない。

夜の山道に赤ん坊の泣き声!

こんな夜中に赤児の泣き声とは・・・

越後からの巡礼(六部)が身を寄せた当地。この地を愛し、人々と触れ合ってこの地に眠る。そして・・・

水に困った時に助けてくれたお坊さんの不思議な力は・・・

侍に見初められ、妻となった狐。子どもも生まれ、楽しい日々。でも。いつまでも続かず・・・